スタッフBlog

2/20食育講座「味噌仕込み」開催しました。

2017年02月28日

みんなで楽しくお味噌を仕込み、1㎏ずつお持ち帰りいただきました。
大豆にはいろいろな加工法があり和食には欠かせません。
豆腐とおから、レンジで簡単にできる煎り大豆も作って試食しましたよ。
できたての味は格別です♪
お味噌はあと半年ねかせて完成です。
暑い夏、キュウリにつけて丸かじりするのが楽しみです!

DSC_8007

DSC_8009

DSC_8010

DSC_8011

DSC_8012

1/16 食育講座 「大根料理いろいろ」開催しました。

2017年01月17日

仏向町での収穫体験で抜いた大根を使ってお料理しました。
大きな大根があってもアレンジして飽きずに食べられます。
【メニュー】治部煮、ポタージュ、大根とりんごのサラダ、お好み焼き、菜飯

DSC_7804

DSC_7809

DSC_7812

12/20 食育講座「クリスマスとお正月のお寿司」開催しました。

2016年12月26日

クリスマスやお正月の食卓を彩る「デコ巻き・デコいなり」を作りました。
来年の干支も親子で可愛らしく、いなりにおさまりました。
細かい部分は苦労した分、食べるのがもったいないくらいの出来あがり。
個性がひかる楽しい時間でした。

DSC_7573

DSC_7575

DSC_7580

12/8 サンタさんが来ました!

2016年12月08日

2016%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9-11

 

2016%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9-21

11/18食育講座『風邪予防・風邪の時の食事』を開催しました。

2016年11月19日

  風邪対策を食事面から学んで試食しました。

 どれも簡単にできて優しく効きます。

・寒気や体力回復にサムゲタン風スープ
・発熱、消化不良にトマトミルクリゾット温泉卵のっけ
・気管支炎、消化不良、体力回復に里芋とりんごのはちみつレモン
・喉の痛みに大根シロップ

これからの季節、皆さま特にご自愛ください。

DSC_7347

DSC_7350

仮装をして和田町商店街にくり出しました。

2016年10月29日

img_4220 img_4224 img_4225 img_4230 img_4236 img_4240 img_4241 img_4251 img_4259

バスに乗ってお芋ほりにいき、たくさん掘りました!

2016年10月29日

image1-7

image1-6image1-6

10/26 食育講座 『ハロウィンクッキング』を開催しました。

2016年10月27日

ハロウィンの元々の由来は秋の収穫に感謝し、邪気を払う・・・という意味あいがあります。
かぼちゃ以外にもお米、柿、れんこん等の秋の恵みも取り入れて、和気あいあいとお料理を楽しみました。

JA横浜スタッフさんからは横浜農業のお話をしていただきました。

DSC_7147

DSC_7148

DSC_7151

DSC_7152

DSC_7157

8/30 食育『親子クッキング』開催しました。

2016年08月31日

横浜産のお野菜・卵を使って、親子で楽しくお料理しました。子ども達は集中してよく頑張りました★

メニューは夏野菜ピラフ、オクラとウインナーのチーズ春巻き、そしてデザートは貴重な浜なしをいただきました。今回はJA横浜さんにご協力をいただき、横浜産『卵』のスライドを見せていただき、地産地消と旬を学びながら楽しみました。

DSC_6631

DSC_6647

DSC_6649

DSC_6653

5

DSC_6639

DSC_6641

食育コラム vol.10 『夏バテ・熱中症を予防しよう!』

2016年08月02日

梅雨が明け、本格的な暑さとなってくると、夏バテや熱中症が心配されますね。

特に子どもや高齢者は注意が必要です。

子どもは、体内の水分量は多くても、汗・呼気・皮膚から出ていく水分が多いため、また、水分を再吸収する腎機能が未熟なため、熱中症になりやすいのです。

夏バテや熱中症のメカニズムを知って、どんなことに気をつけたらよいか、知っておきましょう。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

図は熱中症や夏バテに陥るメカニズムを表しています。吹きだしはそれに対する対策です。

日頃どうしているか、振り返りながら確認してみましょう。

夏バテ熱中症図解

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪温度管理≫

自宅ではエアコン温度はどのくらいにしていますか?

26~28度が適当ですが、少し汗ばむくらいを目安にしてもよいです。

汗をかくことは体内の熱を放散する役目があるので、涼しくしすぎて汗をかけなくなるのも問題です。また、外気温との差が大きすぎてしまうと、汗をかいた後に冷えて風邪をひいたり、体温調節機能が対応しきれなくなります。

 

≪水分補給≫

水分補給も大切ですが、大量の汗をかいた時に水だけをたくさん補給させると、血中のナトリウム濃度が薄くなり、それを戻そうと余計に水分の排出が多くなります。

麦茶、野菜スープ、果物などでも水分補給をしていきましょう。

ミネラル補給が必要とはいえ、スポーツドリンクを乳幼児の水分補給に使用することは避けましょう。糖分の摂りすぎによる肥満・虫歯、食事の妨げ、ミルクやお茶を飲まなくなる等の影響が懸念されます。

高熱、下痢嘔吐の症状が出ているときは、一時的にベビー用イオン飲料や経口補水液を利用しましょう。

 

とはいえ、兄弟がいると上のお子さんの生活に合わせて、乳幼児でも炎天下あちこち出かけることもあるかもしれません。

尋常でない暑さ・発汗量、食事がとれていない時には、お子さんの様子をよく見て、必要に応じてイオン飲料を活用しましょう。

 

ご自宅でも作ることができます。毎日の習慣にはしないでください。

sports_suibun_hokyuu水 1L

塩  2g

砂糖 40g

レモン汁 30g

全てをよく混ぜてできあがり。

※100ccあたりのエネルギー:16kcal

※ポカリスエット 100㏄あたり 25kcal

 

≪食事≫

◆基本の栄養バランスに気をつけながら、特に夏は多くとりたい栄養素と食材です。

 

ビタミンB・・・豚肉(モモ・ヒレ)、レバー、豆腐、納豆、うなぎ、いわし、玄米 等

 

ビタミンC・クエン酸・・・酢、ゆず、レモン、グレープフルーツ、キウイフルーツ、梅干し等

 

夏野菜・・・きゅうり、とまと、なす、ピーマン・かぼちゃ、ゴーヤ、枝豆、モロヘイヤ、

つるむらさき、ズッキーニ、みょうが、しそ 等

 

◆暑くて火をあまり使いたくないときは、電子レンジを活用したり、1品料理でも栄養バランスをとる工夫をしましょう。

 

冷しゃぶサラダうどん

ゆで豚肉・ゆで卵・きゅうり・とまと・なす・しそ・みょうが等をうどんにのせて

 

ネバとろ丼

モロヘイヤ・納豆・めかぶ・しそ・梅干し等をご飯にのせて

 

簡単夏野菜カレー

蒸したり焼いたナス・かぼちゃ・ピーマンや水切りした木綿豆腐をレトルトカレーに混ぜて

 

※冷たいものの摂り過ぎには注意しましょう。内臓のはたらきが低下して消化不良や食欲不振につながります。常温以上の飲み物や食べ物を1品は取り入れましょう。

 

子ども達が大人になる頃、平均気温は更に上がっていくことが懸念されています。

身を守る対処法を子どもに伝えながら、夏を楽しみましょう。

ぎんがむらコミュニティラボ 管理栄養士 中庄さとり

過去の記事へ

年別アーカイブ

月別アーカイブ

カテゴリー